読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳と私


f:id:abenob2010:20170202184902j:image


■手帳を忘れる

昨日、手帳を忘れた。普段はカバンに入れっぱなしなので、まず忘れないのだけれど、たまたま忘れた。

 

すると、自分がけっこう手帳に頼ってることに氣付いた。

 

スケジュールの管理には手帳も使うし、スマホのカレンダー機能も使うハイブリッド派なんだけども、それでも、手帳が必要なんである。

 

■私に手帳が必要な5つの理由

ハイ、ソレっぽい中見出し付けてみたよ。それはそうと、私がどのよーに手帳を使っているのか、だ。

 

・前日の私からの申し送り

何を言ってるのか、と思われるかもしれないけれど、これは意外に重要である。要するに昨日はどんな仕事をして、どこまで作業が終わってて、今日はどこから何をするか、をメモしておく。

 

こう書くと、まるでおじいちゃんのようだけれども、やっといて損はない。リアルにすっかり忘れていることなんかもあるから、油断ならない。

 

・自分が考えたことのアウトプット

これも備忘録に近い。アイデアや考えたことなどを、とりあえず手帳に書き留めておく。何でもいい。

 

最近メモしたことで言うと「『なぜ』よりも『なんのために』を追求した方が良い感じ」とか「競争から生まれるものもあるけれど、競争からは決して生まれないものもある」とか書いている。

 

「コーヒー買うこと」とかもメモしてる。「ごま油も」だと。知らんがな。

 

そう、ここからブログのネタが生まれることもある。

 

・調べたことのメモ、引用

例えば「参加」と「参画」、「接遇」と「接客」の違いなどを調べる。その時は「ほへー」と理解するのだけれど、たいてい忘れる。ので、メモる。

 

また、Webの記事などを読んでると、これまた「ほへー」と感心することがある。これもメモる。

 

こうしておくと、過去に私がどういうことに興味を持っていたか、何を考え、何を調べたのかの記録が残る。案外、過去の自分が調べたことを読んで「ほへー」と感心したりする。アホみたいだが。

 

・スケジュール管理

うん。普通にね。ただ、手帳にペンで書く場合、ペンの色で「仕事(本業)」「仕事(副業)」「遊び」という感じに書き分けるのが容易である。スマホでも出来るんでしょうけど。

 

・日記とか、自問自答とか、2017年にやりたいことリスト、とか

こっそりと日記を書いております。ええ、ブログの他に日記です。ただ、これも後日まとめて書いたりするわけですが。これも、読み返すとなかなか味わい深い。

 

それから、何かモヤモヤっとしたときは、そのモヤモヤの中身を手帳に書いたりする。これ、細かいことは別途書きますね。ちゃんと説明すると長くなる(笑)。

 

2017年にやりたいことリストは、まあそのまんま。随時更新してます。

 

誰得なのかサッパリ分からないけれど、とにかく僕はこのように手帳を使ってますよ、という話でした。