読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信がない(ことに氣が付いた)

f:id:abenob2010:20170214235234j:plain

Photo by Chisako Abe

 

■おばんです。

要するに、自信がないのです。こう書くと、誰が、と思われるかもしれませんが、当ブログでここまではっきりと言い切った場合、私のことを指しているわけです。

 

ここ最近、「ああ、私は自分に自信がないのだな」ということを感じることがあります。

 

というか、前々から氣付いてはいたのだと思うけれども、ここにきて、どうもそこに直面するというか、そのことに向き合わざるを得ない状況になってきたのだな、という感じがしています。

 

自信がないから、自分の外に軸を置きたくなるし、人からの評価を(必要以上に)氣にするようになる。

 

あるいは自分と他人を比べて、何となく優劣をつけてみたり、その結果、自分はダメだなあと思ったりする。

 

もちろん、いやいや自分、そんなことはないでっせ、意外とイケてまっせと持ち上げたりはするんだけど、それにしても、だ。

 

要するに、今の自分を有り体に言うと、あまり(というか、割と)良い状態ではない。

 

■で、どうしましょうかね?と。

とはいえ、このように「自分が今、良い状態ではないのだな」と分かるということは、それはそれでプラスだと捉えております。

 

要するに、それは自分を客観的に見られているということだから。たぶん。

 

とはいえ、自分に自信がない状態なのに、人から「自信持ちなよ!」と言われても困る。というか、持ちようがない。だから、自分で何とかするしか手段はない。

 

で、どうしましょうかね、と思っている。むしろ、どういう手を打とうか、決めかねている。違うな。どういう手があるのか、ヒントを探している。

 

■ヒント(1)自分との対峙

とりあえず、自分に自信を持つためには、自分をきちんと見つめて、自分が何をしたいのかを把握したい。

 

そのためには現時点で何ができていて、何ができていないのか、何が必要で、何が不必要なのかを見極めたい。

 

必要なのに「そんなもん、要らん」と突っぱねているものはないか。

 

反対に、不必要なのに「必要だ」と思い込んでるものはないか。それを考えてみること、かなあと思っている。

 

あとは、人と距離を置くことかなあとも。

 

僕はどーも、(これは鶏が先か、卵が先かに近い話なんだけど)人と自分を比べてしまう傾向にある。

 

それが自信のなさに起因するものなのか、あるいは、それをすることで自信を失ってしまうのかは、よくわからない。

 

ただ、自分でもやりたくはないわけだ。人と自分を比較するなんてことは。

 

だとするならば、人と適度に距離を取って、自分と対峙する時間を増やすことが必要なんじゃなかろうか、ということも感じる。

 

人といるのは決して嫌いではないけれども、自分とじっくりと向き合うためには、どうしても一人になる時間が必要なんじゃないか、とも思う。

 

■ヒント(2)旅に出ること。

旅行に出かける、というのも良いかもしれない。旅先では基本的に一人だし、自分がいる場所を変えることで、考えることや閃くことも変わってくるはずで。

 

うし。まずは旅行に出かけよう。そして、人と距離を置こう。その上で、自分としっかり対峙して、自分の自信の源を探しに行こう。よしよし、そうしよう。

 

とまあ、自分の考えをまとめるためにブログを利用するという、良いんだか悪いんだかわからない作業なのですが、まあいいか(笑)。