読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170128_自然にワクワクすることについて


f:id:abenob2010:20170130190137j:image

 

 

■自然にワクワクする昨今

僕は元々比較的都会の人で、子供の頃はずっと集合住宅で暮らしていました。たまに親に連れられてキャンプに行ったりはしたものの、そこまで本格的にアウトドアで過ごす、ということをしてきませんでした。

 

だから、というわけでもないのですが、最近自然とか、アウトドアみたいなものが非常に楽しい。

 

なぜか、自然にワクワクするわけです。なぜかを考えてみたら、「先が読み切れないから」ではなかろうかと思ったのです。

 

■人が作ってないから、楽しい

テレビやゲームも楽しいのだけれど、どこまで行っても人が作ったものです。だから、先が読める・・・訳ではないけれど、まあ、パターンや過去に似たようなものを観たことがある、と思ったりもする。

 

あ、人が作った物も好きですよ。もちろん。小説や映画は好んで読んだり観たりするし、お芝居もいい。

 

けれど、自然は人が作った物とはちょっと違う。過去と全く同じ、ということはほぼないし、仮にそうだったとしても、分からない(笑)。

 

例えば、火熾し。かまどに火を入れようとするんだけれど、うまく行かない(笑)。前はこれでうまく行ったはずなんだけど・・・というのが、たまに失敗する。

 

これがおもしろい。だから、再現出来るとちょい、いやかなり、うれしい。スキルが身についていく感覚がある。

 

■大空を眺めていても

東から陽が上り、西へ沈む。太陽の動きは常に変わらないし、いつが満月でいつが新月とか、そういう天体の動きもある程度一定だとは思うのだけれど、それでも、空が見せる表情はいつも違う。

 

いやー、おもしろいなぁと思う。

 

僕にとっては、自然はちょうど良いくらい、未知の物が混ざっているらしい。というか、自然を完全に理解するなんて、有り得ないかもね。そうすると、永遠にワクワクし続けることになる。

 

うん。悪くない(笑)。