読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同い年と出会うことと、唐突に決意

f:id:abenob2010:20161214193512j:image

(大阪の京橋で食べた、うどんとバッテラ。旨かった)

 

今年、特に後半あたりから、同い年(タメ)の人に会ったり、「この人タメだったのか!」と思うことが多々あり。今まで、1歳下とか、上とか、まあ同世代だよね、という人に会うことは多かったのだけれど、私の交遊関係には、タメの人が非常に少なかった。

 

私自身が元々非マメな性格なために、小・中・高・大時代の友人たちとの交流があまりなかった。また、実家も引っ越し、私自身も住まいを転々としていることもあって、あまり同級生との付き合いをしてこなかった、という理由もある。ついでに転職も2度しているから、同期もほとんど付き合いがない。

 

でも、新しく知り合う人たちにタメの人がいてもおかしくはないのに、最近まではほぼいなかった。なのに、ここに来て急に増えた。ちょっと驚くほどに。

 

■知り合いではないけれど

最近、また新たにこの人もタメか!と思ったことがある。

 

その「この人」とは、竹原ピストルである。

竹原ピストル。ふざけた名前ではある。この人が何者か。Wikipedia(通称ウィキ兄)に聞いてみる。

 

竹原 ピストルは、日本のミュージシャン、歌手、ギタリスト、俳優である。本名、竹原 和生の名で活動することもある。千葉県千葉市出身。道都大学社会福祉学部卒業。

 

だそうだ。道都大卒は知らなかった。

 

私が竹原ピストルを知ったのは、映画『永い言い訳』でだ。またかよ、と思った人。悪いね。まただよ。

 

竹原ピストルはこの映画の中で、大宮陽一を演じた。そう、(私のブログを読んでくださっている皆さんならご存知でしょうが)直情型で、すぐカッとなるけれど、死んだ奥さんが大好きで仕方がないという男だ。

 

この役が、実に良かった。あー、こういう人、いるよね(いそうだよね)、と思ったのが最初。そこから、彼がミュージシャンだと知り、YouTubeで動画を見て、ハマった←イマココ。

 

■なんかねー、良いんだよ。竹原ピストル

今日のブログは、要するに皆さんに竹原ピストルを知ってもらうための記事だ。なので、あとはとりあえずYouTubeの動画を貼れば、私の氣は済む。

 

ただ、動画を貼る前に、なぜ私が彼の歌にハマったのかを説明したい。それは、彼の紡ぐ歌詞が私の心に刺さったから。

 

僕が彼から受け取った(というか、彼が繰り返し歌う)メッセージは「諦めるな」ということだった。

 

例えば、『お前、もういい大人だろ?』から。

終電車の窓ガラス 35才の私が いっちょ前に 

35才みたいな顔で 私を見つめている

お前、もういい大人だろ?

お前、もういい大人だろ?

お前、もういい大人だろ?

もう、いい加減、諦めんなよと

私を見つめている

 

www.youtube.com

 

次。『カウント10』から。

ダウン!からカウント1、2、3、4、5、6、7、8、9までは

哀しいかな、神様の類に 問答無用で

数えられてしまうものなのかもしれない

だけどカウント10だけは 自分の諦めが数えるものだ

ぼくは どんなにどんなに打ちのめされようとも 

絶対にカウント10を

数えない

  

www.youtube.com

 

■正直に申し上げますが 

僕は元々、「諦めるな」とか「夢は必ず叶う」的メッセージソングが大嫌いだった。いや、いまだに別に好きではないです。成功したヤツがいくら「諦めるな」と言ったところで、何の足しになるのか。諦めなくて腹が膨れるか、社会はそんなに甘くねーぞコノヤロー、とぶーたれていました。いや、未だにその傾向がなくはない。

 

しかし、だ。同い年の男が「諦めるな」と歌う。時に優しく、時に激しく。

 

これが、私のココロに何か、届いたらしいのです。だから、私はとりあえず、諦めないことにした。今まで、色々なことを諦めてきたし、諦めようとしてきた。いくつかは成功した。でもいくつかは、今もココロのどこかで、くすぶり続けているらしい。

 

「お前、もういい大人だろ? もういい加減、諦めんなよ」

 

そう。40歳。いい大人である。

 

もういい加減、諦めるのをやめようと思う。