読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的『海よりもまだ深く』観賞録


f:id:abenob2010:20161126233743j:image

先に申し上げておきますが、この観賞録は、映画評としては屁のつっぱりにもなりませんし、ムダにネタバレ(というのかな)する可能性もあります。

 

それでも良ければ、ぜひどぞー。

 

■映画を観た後に

私は離れて暮らす母親に電話しました。と書くと、 出来過ぎな感じですが。ま、用事があったからなんですけどね。

 

母はいつも通り母でした。当たり前ですが。めったに連絡を寄越さず、好き勝手に生きている息子にイヤミを言いつつ、「アンタが楽しく生きてるんなら、それでいい」とも言う。

 

『海よりもまだ深く』では、 主人公の母親を樹木希林が演じています。この樹木希林を観ていて、もう、どうしようもなく、うちの母親を思い出してしまい。

 

■決して似ている訳ではない

表面的には、全く似てないのです。ウチの母と『海よりも~』の主人公の母親は。

 

ウチの母はプリンのビンを取っておいたりしないし、カルピスを凍らせてアイスを作ったりもしない。『海よりも~』の母親ほどは息子に甘くないし、義理の娘にも優しくはない(笑)。

 

でもねぇ。なんというか、老いて、 考えたくはないけど死んでいくんだなあ、ということを痛切に感じたのですよ。

 

そして、私は母や父に何をしてきただろう。たくさんのものをもらって、どれだけ返すことが出来ただろう。そんなことを感じて。

 

私は『海よりも~』の主人公ほどカネに困ってる訳でもないし、離婚もしていない(笑)。考えようによっちゃ、まあ自立はしている。でも、母や家族に対して愛を送ってきたのかと言われると、呆然とするしかないわけです。

 

■こんなはずじゃなかった人生を生きる

ホント、「こんなはずじゃなかった」こともたくさんあるわけです。私の人生だって。そこそこイイ感じだとは思っているけれど、「こんなはずじゃなかった」と思うこともある。

 

それは、父や母に対してもそう。愛や恩を返したいと思うなら、今からだって遅くはない。なのに、動かない。動けない。でも、どっちの気持ちにも、嘘はない。

 

きっと『海よりも~』の主人公もそうなはずで、母や元妻、息子に対して、もっとこうしてあげたいと思うのに、出来ずにいる。それはプライドなのか、面倒なだけなのか、気付かないからなのか。

 

でも、それもまた人生なのかもしれず。

 

そして、 エンディングテーマとして、ハナレグミが歌うわけです。

 

「夢みた未来って、どんなだっけな
さよなら 昨日のぼくよ

 

見上げた空に飛行機雲
ぼくはどこへかえろうかな」

(ハナレグミ『深呼吸』)

 

昨日のぼくに、さよならを。
そして。明日のぼくよ、こんにちは。