読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録・あるおっさんの夏休み(プレ)



f:id:abenob2010:20160811062222j:image

(知ってる人は知っている、ニジマスのマスオさん)

 

たまには、日記っぽい記事も書いてみたい、というか、書く気になった。

自慢ではないですが(と、書きだした瞬間、たいてい次に来るのは自慢なわけで、まあ今回も御多分に漏れず)、明けて今日、「山の日」から実に11連休です。

それもこれも、サラリーパーソン(政治的に正しい)ならではの特権と言えばそうで、さらに言えば、それをすんなり認めてくれる上司と同僚に大感謝ということです。本当にありがたい。このブログを見ることはほぼ100%ないと思いますが、皆さま、ありがとうございます。

 

で。今回は、ホントにフツーに、日記的記事を書いてみようと。名付けて、「おっさんの正しい夏休み(プレ)」。考えようによっては、会社を出た瞬間から夏休みは始まっているわけで、ある意味「プレ夏休み」をどう過ごしたかの記録です。

 

退社→帰宅途中に使い捨てコンタクトレンズを購入。

これ重要。普段はメガネライフですが、休みの日はコンタクト。でも、たまにしか使わないからワンデー。となると、うっかりすると在庫が無くなっていたりする。

 

そして図書館へ。家の近所に図書館がある、というのはとても良い。予約をしておけば、区内の他の図書館から蔵書を持ってきてくれるし、新しくて人気のある本も、借りられる状態になったらメールでお知らせをくれたりする。期限延長も(次の予約さえ入っていなければ)ウェブから延長申請ができたりする。ホントに便利。買うまででもないけど読みたい本や話題の本、買うのは躊躇するようなマニアックな本なんかは図書館で十分。

と言いつつ、今日はCDを3枚借りる。バッハの楽曲(『G線上のアリア』とか)をジャズアレンジしたのと、映画『Ray』のサウンドトラック(当然、在りし日のレイ・チャールズの演奏あり)、それからマルーン5。ちょっと品ぞろえの悪い、でもタダのTSUTAYAだと思えば使い勝手は大変良い。延滞料金取られないし。

 

風呂ザバっと行って、テキトーにご飯済ませて

んで、一度帰宅。あまりに暑い&熱いので、この日1度目の風呂(というか、水浴び)。着替えて飯を食いに出かける。んが、お目当てのお店に人が並んでる、ということで急きょ散歩に切り替える。

散歩、と言っても、一応「あの辺に行こう」という目的地だけ定めて、ルートなんか考えていないから、自分でもどこを歩いてるのかさっぱりわからなくなる。でも、スマホでナビったりはしない。なぜなら、急いでないから。

 

紆余曲折の末に武蔵小山に到着。何を食うか散々迷った挙句、『風は南から』の豚骨醤油ラーメン(中太麺)。夏なのに。でもうまい。玉ねぎが良い感じ。

 

 
f:id:abenob2010:20160811060529j:image

(写真は失敗した)

 

で、本日のお目当ての1つだった武蔵小山「清水湯」

(本日2度目の風呂)

 

 
f:id:abenob2010:20160811060543j:image

(桃太郎旗が逆さになってるのはご愛敬)

 

ここは、まず温泉が出る。しかも2種類(黒湯と黄金の湯)。黒湯は割とこの辺から出るらしいのだけれど、黄色というか茶色というか、まさに黄金っぽい色の温泉は珍しい。療養泉としても効果があるそうな。

おっさんとしては、まず湯→十分温まる→おもむろに水風呂→冷たさを感じなくなるくらいまで浸かる→再び湯→血管や毛穴が開く開く→再度水風呂 というサイクルを2~3セット繰り返す。これは銭湯の楽しみ。サウナに入るのも良いのだけれど、追加料金を払うほどでは・・・というときはコレ。結構楽しい。

清水湯が良いのは、水風呂にも黒湯を使ってること(水と混ぜてるとは思うけど)。これがまた、イイ。違いはよく分からんけど、何となくアタリが良い気がする。

 

で、再び歩く。結構遅い時間になってるから、暑さも和らいで、涼みながら帰る。あー。何かがあるわけではない、特別などこかに行くわけでもない。歩いて行ける範囲にある楽しみ、ヨロコビ。堪能。

 

さて。明けて今日は久々のJリーグ。そしてバスで真夜中の成田空港へ。気が向いたら記事書きます!(気まぐれ)