読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「お誕生日おめでとう」を回りくどく言うための記事

f:id:abenob2010:20160725160312j:image
(名古屋、洲崎神社)
 

先にお断りしますが、今回の記事はごくごく私的なものになります。私からある一人に向けた、誕生日プレゼント代わりの記事です。

 
なんでこのヒトのために記事を書く気になったのかは自分でも分からんです。何となく、そのヒトに何かを伝えたいと思った時、ブログを使うことを思いつきました。
 
もちろん、どなたに読んでいただいても良いように書きますが、そういうのに興味がないという方は、スルーしていただけるとありがたいです。次回、また是非。
 
 
 
僕がそのヒトと出会ったのは、割と最近のことです。今年の1月かな。だから、付き合いは決して長い訳ではありません。
 
僕がそのヒトを見て湧き上がる感情は、ひとまず、こんな感じです。他にもあるかもしれないけど。
 
「羨ましい」、「さすが、スゴい」、「何でやねん」
 
そのヒトを見ていると、今、自分のしていることが生涯を賭けて取り組むべき自分の使命だと、強く信じているんだなと感じます。自分の使命があやふやな僕からすると、本当に「羨ましい」。
 
そのヒトの夢は「うつゼロ、引きこもりゼロ、自殺者ゼロの社会を作る」ことや「誰もが自分の才能に気付いて、自分の使命を生きられる社会を作る」こと。人は誰しも可能性を秘めているんだと、自分の経験や学んだことを参考にして、講演で伝えている。
 
その想いに賛同して、協力してくれる仲間もたくさんいる。ここもスゴい。僕だったら、賛同者を5人集めることだって苦労するだろう、と思う。いや、その人も苦労はしてるんだろうけど、諦めない。
 
良いことばかり書いたからバランスをとる訳じゃないけど、もちろん「何でやねん」 つっこみたくなることもある。僕とは考え方や感じ方が違うなと思う部分も、たくさんある。それでも、僕はこのヒトがやろうとしてることに賛同するし、応援している。
 
そのヒトを見ていると、僕はブルーハーツの『夢』という曲を思い出す。
 
 
♪オレには夢がある 両手じゃ抱えきれない
オレには夢がある ドキドキするような♪
 
♪オレには夢がある 毎晩育ててる
オレには夢がある 時々ビビってる♪
 
その人を見ていると、夢に向かって楽しんでるなと思うこともあれば、ビビってんな、ブレてんなと感じることもある。そりゃそうだ。人間なんだから。楽しい時は楽しい。ビビる時はビビる。でも、それがまた人間らしくもある。
 
♪家から遠く離れても 何とかやっていける
暗い夜に一人でも 夢見心地でいるよ♪
 
♪建前でも本音でも 本気でも嘘っぱちでも
限られた時間の中で 借り物の時間の中で
本当の夢を見るんだ♪
 
そう。僕らが生きてるのは「限られた時間の中」で、「借り物の時間の中」なわけです。命の期間が過ぎれば、誰でもいつかはこの世から去っていく定め。では、この世にいる間に何をするのか。
 
僕はずーっと、自分の感情を人前で露わにすることを避けてきました。サッカーの試合を見に行って、負けた後、選手たちに厳しい言葉をかける時ですら、実は何をどう伝えるかを案外冷静に組み立てていました。たぶん信じてもらえないけど。
 
ところが、このヒトと出会って、色々な経験をする中で、「本音のコミュニケーションが本当の関係を作る」のかもしれないなと感じ始めました。この点に関しては本当に感謝しています。
 
で。そのヒトは自分の夢を実現するために、大きなチャレンジを始めました。察しの良い方はもうお気付きかとも思いますが、そのチャレンジとは「可能性無限大一万人ライブ」です。
 
大相撲名古屋場所が行われる愛知県体育館を二日間借り切り、5000人ずつを集めて講演をする。そして、様々な人が夢や使命を持ち寄り、お互いを応援し、励まし合い、あるいは手を取り合って共に進む仲間を探す場にする、という目的で開催するとのこと。
 
しかし、まあ無謀です(笑)。かなりの確率で赤字覚悟。これだけのリスクをとることは、今の僕には出来そうにない。でも、このヒトは、「やる」と。なぜか。それがこのヒトの夢であり、同時にたくさんの人の夢を叶えるステップになると信じているから。
 
これまでに、約半分近いチケットがすでに売れている。信じられない。同世代の友人がたくさんの人の協力を得て、5000人近い人を動員したと。しかもそれは通過点で、最終的には1万人を目指すと。
 
僕は、どこかで「止めるのもアリだよ」と言ってあげようと思ってました。大コケするくらいなら、中止して出直した方が良いよと。友人として、親身な気持ちで。
 
でも、ココまで来たらむしろ、やったれやったれと思ってます。やるしかねーだろと。
 
正直に告白します。実はしばらくの間、このイベントを何のためにやるのか、全く理解出来なかった時期がありました。結局、このヒトのステップアップに使われるだけじゃねーの、と思ってたこともありました。
 
でも、今は違う。このイベントは、僕が今までの内気でクール(を装っていた)で、人前で感情を表に出さない自分と決別するため、そして、自分自身の使命を見つけるためのイベントだと感じています。
 
このように、このイベントは、もはやこのヒトだけのものではなくなっています。みんながみんなの夢や使命を持ち寄る場。そして、それぞれの夢や使命の実現を加速させる場。
 
そんな場を用意してくれて、ありがとう。
 
そして、誕生日おめでとう。
 
なので、イベントの紹介はしますが、特別宣伝はしません。自分の夢や使命の実現を加速させる場に、来たい方は適宜お問い合わせ下さいな。
 
 
ホームページ