読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある人が被害妄想と呼んだものについて


f:id:abenob2010:20160729074400j:image

(某所で撮影したキユーピー)

我ながら、自意識過剰だなと思うことがあります。言うなれば自意識過剰症候群です。

例えば、誰かの言葉に反射的に反応してしまい、「あ、変なこと言っちゃったな」と思ったり、余計なことを言って、「あんなこと言わなきゃ良かった」と後から思ったり。

他の症状としては、あの言い方だと、自分の意図と違うニュアンスで伝わったんじゃないか、とか、何の意図もなかったけど、あの時のあの態度は良くなかったんじゃないか、てなことをムニャムニャ考え出すというヤツ。

諸症状は、挙げ出すとキリがない。

実は、この記事を書きながらも「客観的に自分を見れてる」と人に思ってほしいんじゃないか、とか、何かこう、はてなスターとか、イイねとか、いい感じのコメントとか求めてるみたいに見えやしないかとか、考えるわけです。

実際には求めてるんですけれども。

人から嫌われているんじゃないか、という意識もあります。「エラソーな事を言ってしまったから、人からいけ好かないヤツだと思われているのでは」とか「人から敬遠されている気がする」とか「表向きはああ言ってくれてるけど、実は本音は違うんじゃないか」とか。「しょーもないブログ更新の宣伝ばっかりしてて、ウザイ」とかね。ホントにキリがない。

こういう諸症状は、だいたい自分に原因があると思っています。ちょっとえらそうなモノの言い方だったり、トンチンカンな発言だったり、状況を見極め切れてない行動の後、こういう気持ちになる。

考え始めると、そういう思念が現実を呼ぶ、というお話もあるので、あんまり考えたくはないんだけれど、現時点の僕は考えているわけで。ふむ。どうせなら、棚卸ししてみましょう。

いっそのこと、嫌われても良いじゃないかと考えてみる。男一匹、友達なんぞ居なくても生きていけるワイ、と。

うん。もちろん、そういう考え方はある。でも、それは本人(僕)が耐えられない(笑)。ので、却下。

でも、僕がムニャムニャしてるってのは、結局他人様からの評価や見られ方を気にしてるっつーことですよね。今気づいたけど。

自分がしっかりしていて、間違ったことを言ったりやったりしていなければ、堂々としていられる。相手が何を思い、感じようとも、自分が定まっていれば、気に病むことはない。

自分が「正しい!」と思って言ったりやったりしたことを、他人がどう評価しようと、関係ない。あるいは、そのギャップは話し合って埋めればいい。相手の心中や考えを想像して、アレコレ気に病むことは、バカバカしい。

ん。何か、見えてきたぞ。

そうか。ということは、最近の僕は、自分自身が定まっていなかった、ということかもしれん。

自分の言動の意図を、相手にキチンと伝える努力は必要かもしれませんね。

まあ、僕がこのブログを書いてる理由は「みんな、僕のリハビリにつきあって!」ということですが。

ともかく。まずは自分をしっかり持って、他人様の評価を気にしすぎず(多少気にしつつ)、いい感じで生きていきたいなと。

最後に。ここまでお付き合いいただいた皆さま、ホントにありがとうございます。ありがとう。愛してます((C)忌野清志郎)。